まず、交通事故の原因として多いことはなんでしょうか。

 交通事故の発生件数は、衝突防止安全装置の普及や道路整備などが進んできており全体的には減少傾向が見られます。しかし、その中でも高齢者による交通事故は逆に増加してきているデータがあり、高齢化社会の問題点が露呈する形となっています。
books
 また若年層の交通事故も依然として一定の割り当で見られるために、それぞれの年代別に主たる原因を理解し、気を引き締めて運転していくことを心がけたいものです。

 現在社会問題化してきている高齢者の交通事故ですが、その中でも多いとされている原因が運転操作ミスによる事故です。アクセルとブレーキの踏み違えで暴走して事故に至ったという報道が頻繁にあり、やはり高齢者の認知機能の低下が操作ミスを引き起こすこと判断しても差し支え無いでしょう。人間の認知機能はどうしても加齢とともに衰える傾向がありますので、70歳を超えた段階で自主的に講習を受けたり、客観的に判断してもらったりするなど、未然に事故を防ぐための対策が必要です。

 また若年層では、相変わらずスピードの出しすぎによる事故が圧倒的です。運転技術が未熟であったり、交通法規を遵守せずに荒い運転をするのが格好いいという思い込みなどから重大な事故に繋がるケースが少なくありません。スピードの出し過ぎは、事故の重大化に繋がります。安全装備のおかげで一命を取り留めるケースもありますが、歩行者を巻き込んで不幸な結果を引き起こす例が跡を絶ちません。
 
 もちろん事故率が比較的低いとされている40代から50代のドライバーも、慣れからくる漫然運転で思わぬ事故を引き起こす可能性もあります。ハンドルを握る際には誰しもが気を引き締めなければならないのです。

 それでももし事故にあってしまったら、弁護士に相談しましょう。「弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が劇的にあがる」(名古屋交通事故弁護士から引用)ことが多いので交通事故で弁護士なんて大げさなどと思わずに、一度無料相談で事故の状況や怪我の状況を話し、自分の賠償金がいくらくらいに本来なるのかを聞いてみましょう。

おそらく保険会社が提示してくる金額より、相当多いはずです。